授業対策・内申アップ・苦手克服・不登校・発達障害

みさポンの子育てお悩み相談室
HOME悩み特集子育て悩み > 言うことを聞かない

親の言うことを聞かない子供が、
「言われる前に出来る子」に大変身!

子供が言うことを聞かなくてお困りの方へ

「親の言うことを全く聞かない…」
「もうっ!何回言ったら分かるの!?」
「またランドセルを放置したままで遊びに行っている…」

毎日休みなく続く子育て…。ママさんだって人間ですから、ときには冷静になれずにイライラしてしまうものですよね。

「言うことを聞かない子」は、自分の気持ちを素直に表現できていて、個性にあふれていると捉えることもできます。

そうは言っても、子供には素直に言うことを聞くようになってほしいものですよね。

みさポン

このページでは、お悩みスッキリ隊「みさポン」が、
子供が言うことを聞いてくれないときの「NGな接し方」と「改善ポイント」をご紹介させていただきます。

こんなページも見られています!
>>子供が約束を守れない…どうすればいいの?




~言うことを聞く子が持っている性質~
「自主性」や「主体性」って何?

実は、親の言うことが聞ける子供には「自主性」「主体性」を持っているという共通点があるのです。

自主性と主体性は似た意味で使われていますが、実はそれぞれ違います。

どちらも子供の自己肯定感を高め、生きる力を身に付けていくために必要な要素ですが、これらの意味を親御さんが認識しておくことが大切です。

自主性とは…?

決められたテーマに対して、人に言われる前に率先して行動すること。

自分の意志でゲームをやめる

例えば、自主性を持っている子供は、

言われなくても自分から宿題をやる
ゲームしたいけど自分の意志で我慢する

主体性とは…?

決められていないことでも、自分の意志で判断して行動すること。

例えば、主体性を持っている子供は、

宿題がなくても自ら学習内容を考えて勉強する
言われなくても自分の意志でお手伝いをする

実は「子供に言うことを聞いてほしい」と願っている親御さんにこそ!おススメしたいのが、子供の自主性・主体性を伸ばす接し方をすることです。

自分から勉強!

なぜなら、自主性・主体性が身につくと、「子供が言うことを聞かない…」という悩みやストレスからも解放されるどころか、「わざわざ言わなくても子供自ら率先して行動してくれる」ということが期待できるからです。

「うちの子は全然言うことを聞かない!」と感じるのは、もしかしたらお子さんへの接し方が原因で、自主性や主体性の芽を潰してしまっているからかもしれません。

逆に言えば、早い段階で子供への接し方を少し工夫するだけで、子供が言うことを聞いてくれるようになったり、言わなくても行動してくれるようになったりと、子供の自主性や主体性を伸ばすことが期待できます。

ここからは、子供が言うことが聞かない時の”NGな接し方””改善ポイント”をお伝えします。



~NGポイント~
交換条件のご褒美作戦

100点取れたらゲームを買ってあげる」
部屋を片づけられたらお菓子をあげる」

子供が言うことを聞かないとき、毎回ガミガミ叱るのは親としては疲れるものです。

こんなときに言うことを聞いてくれる交換条件として“ご褒美”を提案すると、あんなに言うことを聞かなかった子がすぐに言うことを聞くようになることがありますよね。

この“ご褒美作戦”がものすごく便利に感じて、何度も使っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ジャニ丸

でも便利だからと言ってこの方法を繰り返してしまうと、ご褒美がないと大人の言うことを聞いてくれなくなったり、何か言われないと自分から積極的に行動できない子供になってしまったりする可能性もあるのです。

ご褒美をあげるのはいいのですが、ここで重要なことはそのタイミングです。

~改善ポイント~
ご褒美のタイミングを変える

もしご褒美をあげるのであれば、「100点を取れた時」や「親の言うことを聞いた時」ではなく、「100点を取るために毎日1時間勉強する」など、お子さん自身が自主的に取り組める目標を決めて、それを達成した時がオススメのタイミングです。

このタイミングでご褒美がもらえると、「ただ親のいうことを聞く」のではなく、「自分で決めて行動すること」が良いことなんだ!と認識することができるようになります。

決して“交換条件”としてご褒美を与えるのではなく、子供が自分で決めて頑張った結果として与えてください。
そうしないと、ご褒美がもらえないと頑張れない子供になっていまいます。

子供が自主的に自分の意志で頑張ったときに、ご褒美を与えたり、褒めてあげたりを繰り返していくと、子供の自主性が育ち主体性も芽生えていきます。

こんなページも見られています!
>>子供の成績を変える「褒める・叱る」の言葉がけ



~NGポイント~
厳しいルールで縛りつける

怒っているお母さん

何度も注意しているのに聞いてくれなくて我慢の限界…
そんな時はイライラしてしまい、つい厳しく怒ってしまうものですよね。

この時に、親が厳しいルールを決めて子供を縛りつけて叱ると、子供は「お母さんの言う通りにしなきゃ!」と、ふるまうようになるかもしれません。

これは一見、言うことを聞く素直な子のように見えますが、主体性の面からみるとNGなのです。

なぜなら、厳しいルールで縛りつけることで、お子さんが「指示をもらうまで自分は何をすればよいか分からない」という子供に育ってしまうこともあるからです。

また、親から何度も注意され続けていると、子供の脳は“嫌なことは聞き流す”ように発達してしまう可能性もあると言われています。

ガミガミのお説教や、厳しいルールの縛りつけはNGです!

~改善ポイント~
まずは親が子供の話を聞く

子供が言うことを聞かないとき、ついつい親が先に文句を言ってしまいたくなるところですが、主体性の芽が出ている子は、親の話を聞く前に自分から先に自分の意見を伝えたいという可能性もあります。

そこでポイントとなるのが、
まずは親が子供の話に耳を傾けるということです。

それだけ??と思った方もいらっしゃるかもしれませんので、少し角度を変えてご説明しますね。

子供を叱っているとき、親が、
「いつも言うことを聞いてくれない」
と感じている一方で、

子供は、
「ママは怒ってばかり…」
「いつも僕の意見は聞いてくれない…」

と感じているかもしれません。

この場合は余計に親のいうことを聞きたくなくなってしまうものです。

こんな時には、ちゃんと子供の目を見て、子供の話に耳を傾けることが大切です。

すると「いつもは自分ばかりがママの説教を聞いている…」と感じていたお子さんの中の印象が変わり、「ママもちゃんと自分の話を聞こうとしてくれている!」と感じられるようになるのです。

ここで子供が話している途中で「でも」「それはダメでしょ!」など、子供の話を遮ってしまうのもNGです。

そこはグッとこらえて、お子さんが自分の意見を自分の言葉でしっかりと伝え終えて、親の話を聞く態勢が整ったタイミングで「でもここはこうしようね」という感じでアドバイスをしてあげてください。

アドバイスの伝え方も、「これはダメ!」という命令形ではなく、「これはこうしようね」という肯定形で伝えてあげることが、子供の主体性の芽を育てるポイントです。



みさポン

いかがでしたでしょうか?
いつもの注意の仕方にひと工夫を加えることで、子供の自主性・主体性を育てることができます。

親に言われなくても、お子さんが自分から率先して、テスト勉強をしたり掃除を手伝ってくれたりしたら、とても嬉しいですよね。


このページでは、子供が親の言うことを聞いてくれない時のNGな接し方と改善ポイントについて紹介させていただきました。

ぜひお役に立てていただければ嬉しいです♪



最後になりましたが…

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ジャニアス代表 神田

ご挨拶が遅れて申し訳ありません。家庭教師のジャニアス代表の神田真吾と申します。

私たちは千葉県で活動している家庭教師のグループで、今まで21年間、たくさんのご家庭の方からお子さんの勉強に関する悩みをお聞きしてきました。

さまざまな子供に関する悩みや不安をお聞きしてきた中で、勉強が苦手な子供には“ある共通点”があることがわかりました。

それは「自信を失っている」ということ。

勉強がわからなくなって、成績が下がり、褒めてもらえず、叱られてばかり…。
さらに自信を失い、勉強の悪循環から抜け出せなくなってしまう…。

「親がいくら言っても聞いてくれない」
「子供が反抗期でイライラされる…」

そんな時は、私たちのような「家庭教師」を試してみてはいかがですか?

親の言うことは聞かなくても、他人のお兄さん・お姉さんの存在は絶大です!

このページをお読みいただけたのも何かのご縁。今なら勉強に対して自信を失ってしまった小学生・中学生を対象に、無料の体験授業をやっています!

>>無料の体験授業ってどんなことをするの?

実際に家庭教師を「やる・やらない」は全く別で構いませんので、お子さんのやる気アップ・成績アップのきっかけにお試しいただければとても嬉しいです!






「この先、勉強で悩みたくない!!」という方こそお試しください!千葉県で13,892人が効果を実感!!

勉強がニガテな子でもカンタン!ラクラク続けられる!!と大好評♪無料の体験授業やっています!!

お申し込みはとってもカンタン!今すぐお電話または専用フォームから

お忙しい方はお電話が便利です。体験のお申込みだけではなく、勉強や進路の相談も無料でできます! 忙しい方はお電話が便利です。体験のお申込みだけではなく、勉強や進路の相談も無料でできます!

いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で
いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で

担当の神田(かんだ)まで、
お気軽にお電話ください

お好きな時間に申し込みたい方はコチラ!!24時間いつでもお申込みいただけます 体験授業お申込み専用フォーム

いまだけ特典!もれなく全員に1000円分のQUOカードプレゼント

もし、他の塾や家庭教師と迷われたら…まずは私たちにご相談ください。お子さんに本当に必要な勉強法を見つけます!!

私たちジャニアスは、どんなに効果がある勉強法でもお子さんに合わない・
続けることができなければ「意味がない」と考えています。

塾や家庭教師選びにご苦労されているご家庭も多いと思いますが、ジャニアスの体験授業は、「やる気のきっかけにしたい」「今の塾と比べてみたい」「今すぐは考えてないけど家庭教師がどんなモノかを見てみたい」などのような、気軽な気持ちで受けていただけたらと思います。

もちろん、体験を受けたからといって、無理に入会を勧めるようなことは一切ありませんので、安心してくださいね(^^)

無料の体験授業について詳しく見る よくある質問にお答えします!