単願…?併願…?私立高校入試のしくみ

千葉県にお住まいの中学生の皆さん!
保護者の皆さん!

高校入試についてちゃんと考えていますか?

「受験なんてまだ先でしょ?」
「部活を引退してから考えるよ!」

そんな声をよく聞きますが、「もっと早く受験対策をすればよかった…」と後悔されるご家庭が非常に多いのも事実です。

少なくとも「入試のしくみ」は早めに知っておいたほうがいいと思います。

ここでは「私立高校入試のしくみ」をご紹介いたします。

こちらもチェック!!
>>千葉県公立高校入試のしくみ

推薦入試と一般入試

私立の高校入試は一般的に、推薦入試一般入試に分かれます。
※一部の高校(偏差値の高い進学校など)は推薦制度がないところもあります。

推薦入試を前期日程(1月上旬から中旬あたり)、一般入試を後期日程(2月中旬から下旬あたり)で行う高校が多いです。

さらにそこから「単願(たんがん)」「併願(へいがん)」と入試区分が分かれていきます。

単願(たんがん)とは…

専願(せんがん)ともいいます。
その高校が第一志望で、合格すれば必ず入学するという確約つきの志願。

単願で合格した場合、他の高校に入学することはできません。

「合格すれば絶対に入学します!」

併願(へいがん)とは…

第一志望校(本命校)が別にあり本命校が不合格だった場合に入学する確約つきの志願。

「合格できても入学するとは限りません!」
「第一志望校に落ちたら入学します!」

推薦入試はほとんどが「単願推薦・併願推薦」に区分が分かれております。

一般入試は基本的には「併願」の形ですが、高校や科によっては一般入試でも「単願」に近い形の入試制度がある高校もあります。

<単願推薦>

受ける高校の推薦基準を満たして「単願推薦」をもらえれば、よほどのことがない限り合格できます。
第一志望が私立高校の場合、一番確実に合格できる方法ですね。

<併願推薦>

受ける高校の推薦基準を満たして「併願推薦」をもらえれば、よほどのことがない限り合格できます。
※一部レベルの高い高校や科の場合は、併願推薦をもらえても不合格になるケースがあります。

第一志望が公立高校の場合は、ほとんどの方が併願推薦で合格しています。

<一般入試>

行きたい高校の推薦基準に満たしていない場合や、推薦がない高校を受験する場合は一般入試で受験します。

本番のテスト結果で合否が決まるので、学力が足りない場合は不合格になるケースも多いです。

一般入試でも第一志望の場合は入試テストに50点分加算されるなどの優遇がある高校もあります。
この場合は「単願」と同じですので、合格すれば入学しなければなりません。

~推薦入試・一般入試まとめ~

  • 推薦入試は前期日程、一般入試は後期日程で行われることが多い。
    前期日程:1月上旬~中旬頃
    後期日程:2月中旬~下旬頃
  • 推薦には「単願推薦」と「併願推薦」がある。
  • 私立高校が第一志望なら単願推薦がベスト。
  • 公立高校が第一志望なら併願推薦で私立をすべり止めに。
  • 推薦制度がない高校や科を受験する場合は一般入試で。
  • 一般入試でも第一志望で優遇される高校も。

単願推薦・併願推薦 推薦基準って何?

私立高校は単願でも併願でも推薦さえもらえれば、ほとんどの受験生が合格できています。
※推薦=絶対合格…というわけでありません。

では推薦において重要な”推薦基準”とはどんなものでしょうか?


推薦をもらう為の3つの条件

①内申点の基準 ②欠席日数の基準 ③評定に「1」がないこと


①内申点の基準

内申点は私立高校の場合は中学3年生の成績の合計で計算される高校がほとんどです。
(中には中1~中3の3年間合計で計算される高校もありますがごく少数です)

基本的には高校や科によって異なる内申基準点をクリアしなければなりません。

内申基準点とは…?

通知表の成績(5段階)の合計のことを指します。
ほとんどの私立高校では中学3年の成績のみで内申基準点を定めています。

 <内申基準点の例>

 千葉経済高校 (文理一般コース)
  単願5教科「17以上」
  併願5教科「18以上」

 八千代松陰高校 普通コース
  単願9教科「36以上」
  併願9教科「38以上」

 東京学館高校 総合進学コース
  単願5教科「15以上」
  併願5教科「16以上」

※平成29年度入試例の一部です。

他の高校も見てみたい!
>>千葉県私立高校偏差値表へ!

高校や科によって5教科や9教科など内申基準点は様々です。

単願は合格した場合確実に入学が見込めるため、併願に比べて基準が甘めな傾向がありますね。


ここがポイント!

公立高校の入試では中1~中3(3年間分)の成績の合計が内申点でしたが、私立高校の推薦では、中学3年次の成績(1年間分)が内申点として提出されるケースが多いです。

2学期制の中学校の場合は前期(1学期)の期末テストまで、3学期制の中学校では1学期と2学期の期末テストまでで内申点が決まります。

つまり、私立高校の推薦がもらえるかどうかは、中3の1学期(もしくは2学期)までの定期テスト結果で決まりますので、中学3年生の定期テストは私立高校入試では非常に重要なんです!

こちらもチェック!!
>>内申書を詳しく知りたい!


<内申点の加算>

英検・数検・漢検で3級以上(英検は準2級以上の場合もあり)を取得している場合や、生徒会活動や部活動の実績、皆勤、ボランティア活動、その他顕著な成績などによって、内申点を加算してもらえる場合があります。


②欠席日数の基準

内申基準点がクリアされていても、各高校が定める「欠席日数の上限」を超えていたら推薦はもらえません。

欠席日数は中3時点や中学3年間など、合計基準は様々です。

<欠席日数の上限例>

東京学館船橋高校
中3次の欠席20日以内

和洋国府台女子高校
各学年の欠席10日以内

中央学院高校
3年間の欠席30日以内

※平成29年度入試例の一部です。

欠席日数は「各学年」や「3年間の合計」を見る高校もありますが、ほとんどが「中学3年の1年間」で判断する高校が多いです。

中1や中2で欠席日数が多いお子さんは、中3ではなるべく欠席しないように頑張りましょう。

事情があって不登校のお子さんでも、保健室授業だけでも学校に行けば出席扱いしてくれる事も多いですよ。


③評定に「1」がないこと

内申点や欠席日数の基準がクリアされていても、中3の成績に「1」が1つでもあると推薦はもらえません。
(高校や推薦形式によっては「2」があるだけで不可になってしまうこともあります)

中学校の成績は絶対評価でつけられますので、よほどのことがない限り「1」はつけられません。
それでも「1」があるということは、“この子は問題があるのではないか”と思われてしまい、推薦がもらえないことがあるんです。

テストを白紙で出したり、提出物をまったく出さなかったりすると、「1」がついてしまうかもしれません

「1」は絶対にさけましょう!

~推薦入試のウラ話~

すべての高校ではありませんが、内申点の推薦基準には「表の数字」「裏の数字」があります。

例えば内申基準を5教科「15以上」で設定している高校に「13」や「14」で推薦合格している受験生もいるんです。

「え?足りてないじゃん!」と思いますよね。

その秘密は、中学側と高校側の“入試相談”と、各高校の“入試説明会”にあるんです。


入試相談とは…?

事前相談ともいいます。

中学校の先生が生徒の内申(成績表)を持って推薦志願予定の高校へ行き、合格の可能性を相談するというものです。

この時点では願書もまだ未提出で、中学校の先生と高校側での「推薦をもらえるかどうか」の相談と裏取引(←言葉が悪いですが)のようなものです。

入試相談は公の決まった制度ではありませんが、これによってほぼ合格が約束されたり入試の得点に加算してくれたりと非常に有利に受験することができます。

推薦の基準は前の部分でお話しましたように、以下の3つが推薦基準になります。

①内申点が○教科で○○以上
②欠席日数が○○日以下
③成績に「1」がない

もし内申点がその高校の基準点に1 点足りないとします。
(例)推薦の内申基準が5 教科「17」以上で自分の内申点が「16」の場合、ここで入試相談によって1点足りない内申点を負けてくれたりするんです。


あくまで妄想ですが…

<中学校の先生>
「この子は内申が1 点足りないんですが真面目で頑張り屋の生徒なんで、なんとかならないですかね~」

<高校の先生>
「そうですね…、欠席日数も少ないことですし、推薦差し上げましょう!」

※内申が1点足りないとして、入試相談によって必ず1点負けてくれるとは限りません。
※2点以上足りない場合はほとんどが難しいですが、高校によっては2 点負けてくれるところもあるようです。


~入試相談はみんなにメリット!?~

中学校側のメリット
早いうちに合格が予測できることで浪人を出さずに済む

高校側のメリット
早い時期から受験生を確保できる

受験生のメリット
内申点を1 点負けてくれたり入試テストの得点をプラスしてくれたりして合格の可能性が高まる


(注)入試相談は全ての高校や科で行われるわけではありません。中堅以下の高校ではほとんど行われるようですが偏差値の高い上位校では行われない高校も多いようです。また、科やクラスによっても普通クラスは入試相談があって特進クラスでは行われない場合などがあります。

入試相談が行われる高校を受験する場合には心強い制度ですね。


入試説明会について

入試説明会では高校の先生の生の声を聞くことができます。その高校の雰囲気もわかりますし、何より最大のメリットは「合格しやすくなる」ということですね。

説明会に行けば合格しやすくなるって何かあやしい感じですが、本番の面接では「説明会に参加しましたか?」という質問は多いですし、何よりちょっとした“裏情報”なんかも聞けたりしますよ。

「うちの高校の内申基準は5科で「15」ですが、事前相談で「13」でも推薦がとれますよ」
「船橋市、市川市、習志野市の受験生には多少は推薦基準に満たさなくても大丈夫ですよ」

このように非公開の情報が説明会の参加でわかることもあるんです。

~推薦基準まとめ~

  • 単願推薦・併願推薦ともに各高校や科が定める”推薦基準”がある。
  • 推薦基準は①内申点、②欠席数の上限、③評定に「1」がないこと。
  • 内申点は中3の成績で見られることが多い。
  • 英検取得や生徒会活動などで内申点を加点してくれることもある。
  • 受験する高校の入試説明会には参加すべし!
  • 入試相談で内申点をオマケしてくれることも?

第一志望は…公立?私立?

「うちは公立一本で受験させるわ!」

このようなことをたまにお聞きしますが、公立高校を第一志望とする場合でも、私立を“すべり止め”で受けておいたほうがいいです。

私立(すべり止め)を受験しないとなると、中学校の先生はかなりレベルを下げた公立高校しか受けさせてくれなくなります。

もし公立高校が不合格ですべり止めも受けていないと、二次募集がある高校(不人気校が多いです)を探し、最悪、行ける高校がなくなって「中学浪人」することになってしまいます。

公立高校が第一志望の場合】

必ずすべり止めで私立高校を受験しましょう!

一番多いパターンでは、”併願推薦”で私立高校を受験します。
推薦基準に達していて併願推薦をもらえたら、ほとんどの高校がほぼ確実に合格できています。

私立の合格を確定させておいてから、公立合格を目指しましょう!

私立高校が第一志望の場合】

①単願推薦で受験する

一番合格しやすいのが”単願推薦”(第一志望推薦ともいいます)。

単願推薦で受験したのに「不合格だった」というケースはほとんど聞きません。

私立高校を第一志望とする場合は単願推薦で受験するのが一番リスクがなく合格できる方法です。
(中学校の先生も早く合格が決まるのでススメてきますよ)

しかし、レベルが高い高校では推薦制度がない高校もありますので、行きたい高校に推薦制度があるか、その内申基準などを事前によく調べておきましょう。
※単願推薦がない高校でも一般入試の単願があり、少し優遇される受験形式もあります。


②一般入試で受験する

第一志望の私立高校に推薦制度がない場合や、推薦制度があっても内申基準などが足りない場合などは、”一般入試”で受験します。

一般入試の中にも高校によっては単願で志願できる(少し優遇してくれる)場合もありますが、推薦と違って入試テストの得点で合否が決められますので、不合格の際に備えて他の高校をすべり止めとして受験しておく必要があります。

推薦制度がない高校は学力レベルが高い難関校が多く、入試問題もかなり難しい高校ばかりです。

過去問題などを何度も解いて、問題の傾向や時間配分などしっかり把握しておきましょう。


(例)推薦の内申基準がない高校

渋谷幕張高校、昭和秀英高校、八千代松陰高校IGSコース、専大松戸高校(E類A類)、成田高校(スポーツの特別技能生以外)など。
(※平成29年度入試)

いずれも難関進学校ばかりですね。これらの高校では内申基準がないので入試テストが勝負です。


【~注意~】

学力レベルが中堅以下の高校の場合は推薦がもらえたらほとんどの受験生が合格できていますが、学力レベルが上位校の場合は不合格の場合も数多くあります。

レベルが高い高校や科ではほとんどが推薦という概念がなく学力テストの結果で合否を決めるので要注意。
推薦がもらえた=合格が確定…というわけではありません。

推薦は合格確定ではなく合格に有利になるということを覚えておきましょう。

私立高校推薦入試Q&A

Q:「推薦で不合格になることってあるの?」
A:「よほどのことがない限り大丈夫です」

かつての推薦入試はほとんどが面接のみでした。しかし今では推薦入試でも筆記テストを実施する高校が増えています。

筆記テストがあるってことは点数が悪いと落ちることもありそうですよね。
しかしこの筆記テストは形式的なモノだったり、入学後のクラス編成の為に見るモノだったりするそうで、ほとんどは合否には関係がないそうです。
白紙解答や0点だったりするとさすがにマズイそうですが…。

※学力レベルの高い高校や科の場合は推薦入試でも不合格になるケースはあります。

Q:「中2の成績で「1」を取っちゃって…」
A:「基本的には中3で「1」がなければ大丈夫です」

内申に「1」がないことはほとんどの高校の推薦基準にありますが、基本的には「中3次」なので中1や中2で「1」があっても大丈夫なケースがほとんどです。

※高校や科、特進クラスなどによっては「3年間で「1」や「2」がないこと」という条件がある場合もあります。

Q:「中3の成績は甘めにつけてくれるって聞いたことがあるんだけど…」
A:「そういうケースもあるかもしれません」

中3の成績は私立の推薦が取れるかどうかのとても重要なモノ。その数字によってお子さんの人生を左右するといっても過言ではありません。

そんな大事な「中3の成績」。多少甘めにつけてしまうのは当然かもしれませんね。

※でも決して甘くとらえてはいけません。定期テストの点数や提出物を今まで以上に意識して、内申アップを目指しましょう!

Q:「単願で合格したけど公立も受けたいんだけど…」
A:「その場合は公立高校は受けられません」

単願は推薦でも一般でも「合格したら必ず入学する」という確約付きの志願方法です。
ですので単願で合格した場合はその高校に入学しなければならないため、他の高校を受験することは基本的にはできません。

公立高校を受験する場合は、私立高校は「併願」で志願しなければなりません。

千葉県

入試のしくみがマルわかり♪

公立高校 入試のしくみ 私立高校 入試のしくみ 内申書について

高校ごとの詳細はこちらから!

公立高校 普通科 偏差値表 公立高校 専門科 偏差値表 私立高校 偏差値表

 ~最後に~ 

とても長いページでしたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

私立高校入試のしくみは、各高校や学科によって大きく変わってきています。

私たちジャニアスは、千葉県のみに特化した”千葉県専門”の家庭教師グループです。

今なら、千葉県の入試のしくみはもちろんのこと、1万人以上の勉強嫌いなお子さんを成績アップ・志望校合格に導いた、ジャニアスの指導法を実感できる体験授業を、無料で行っています!

すでに、塾や他の家庭教師センターをご検討中の方は、私たちジャニアスとぜひ比べてみて下さい!
明らかな違いが実感できます!

もちろん、無理な勧誘は一切ないことをお約束いたします。
勉強や進路のことだけでも、私たちにご相談していただければ嬉しいです♪


まずは無料授業で、ジャニアス流の勉強法を体験してください!

なるほど ジャニアス流体験授業で大~変~身!

このページの上まで戻る