授業対策・内申アップ・苦手克服・不登校・発達障害

内申書について 千葉県の高校入試

「内申(ないしん)が大事!」
「内申(ないしん)にひびくよ!」

みさき先生

昔はそんなことをよく学校の先生に言われ、脅されていました(笑)

私たちも中学生の頃は、先生の前では掃除を一生懸命頑張ったり、職員室に入るときは大きな声であいさつをしたり…。

特に中学3年生の受験前なんかは内申を意識していましたね。

でも、そもそも内申って何でしょう?

ここでは 千葉県公立中学校の内申書について説明させていただきます。

こちらもチェック!
>>千葉県公立高校の入試のしくみ

千葉県の内申書にはこんなことが書かれています!

内申書(調査書)には、大きく分けて以下の項目に分かれています。

① 教科の学習の記録
② 総合的な学習の時間の記録
③ 出欠の記録
④ 行動の記録
⑤ 特別活動の記録
⑥ 部活動の記録
⑦ 総合所見

↓↓内申書の見本です↓↓

成績とか出欠とか部活とか…
色んなことが書いてありますね。

この中で高校入試において特に重要なところは…

①の教科の学習の記録、
つまり、 成績の部分なんです!

内申書で一番重要なのは成績

色んな項目がある中で、内申書では ”成績”が一番重要です。

もちろん極端に欠席が多かったり、総合所見に悪いことを書かれたりしたらマズイですが、よほどのことがない限り大丈夫でしょう。

とくに文章で書かれるところは、いくらでも表現を変えられるので、先生はできるだけ”いいこと”を書いてくれます。

しかし、 成績 だけ は、全て数字で付けられるので、 一度つけられた成績は変えられません。

中3になってから中1、中2の成績を上げることは不可能ですよね。

高校入試の際には、成績を内申点として合否に関わってきますので、 「内申書=成績」というように覚えておきましょう。

内申点はこうしてつけられます

千葉県の公立中学校で付けられる内申点とは、
中学3年間の全教科成績の合計で、 135点満点でつけられます。

5段階成績× 9教科× 3年間の合計
5×9×3=135点満点

つまり、中1~中3までの3年間、全ての成績をオール5を取れば内申点は135点ってことですね。
(そんな子はめったにいませんが…)

高校入試を有利に受験するためにも、内申点は出来るだけ良い点を取っておきたいですね。


ここがポイント

千葉県の場合は中1~中3の3年間分全ての成績の合計が内申点となります。

ということは…

高校入試は中学1年生から始まっている!ということなんです。

一度ついてしまった成績は取り戻せません。
3年生になってから1年2年の成績を上げるのは不可能ですよね。

出来るだけ早い段階から内申点(=成績)を意識しましょう!

内申UPに欠かせない3つのポイント

①定期テストの結果

主要5教科(英数国理社)は7割~8割方、定期テストの結果で成績が付けられます。

定期テスト以外でも、小テストや確認テストなどでも評価対象になります。

成績(内申)アップの為にも、テスト対策とそのための日々の予習・復習がとっても大事なんです!

こちらもチェック!
>>定期テスト攻略法を見る!

②授業態度

授業中の態度が悪かったり、集中力がなくアクビばっかりしていると成績は上がりません。

テスト結果以外にも、授業中の「やる気」や「意欲」なども先生はしっかり見ています。

先生だって人間ですから、やる気のある子には良い成績を与えたくなるのは当然です。

③提出物

定期テスト前なんかはテスト範囲のワーク提出があります。
(↑これ、結構大変ですよね)

他にも「1ページ学習」とか、先生によって色んな提出物があると思います。

・提出物を出さない→最悪です!
とっても目立ちます!
大きなマイナスポイントになってしまいます。

・提出物を遅れて出す。
↑出さないよりはマシですが…。
明確な理由がない限りマイナスポイントです。

提出物は期限内にしっかり提出しましょう!

絶対評価と相対評価

以前は中学校の通信簿の成績は 「相対評価」でつけられていました。

全ての生徒にテストの点数などから「順位」が付けられ、上位から割合に応じて「5」は何人、「4」は何人…って。

つまりどんな先生に教わっても不公平なく成績評価値の分布は同じになります。

相対評価では「1」をつけられてしまう生徒も必ず出てきます。

現在の中学校では成績は 「絶対評価」でつけられています。
これは競争教育からゆとり教育への流れですね。

絶対評価は集団の中での比較ではなく、生徒自身の頑張りによって評価される判定方法です。

つまり頑張り次第によっては最高点の「5」を取るのが可能なんです。

しかし、先生の評価が甘かったり、逆に厳しすぎたりなどで、大きく判定が変わってしまうという難点もあります。

極端に言えば、クラス全員が「5」を取ってしまうとか、逆に全員が「1」になってしまうとか…。
(ほんっとうに極端な例です。そんなことは絶対にないですよ~)

現在の絶対評価では、よほどの事がない限り成績に「1」が付けられることは無くなりました。

それでも絶対に「1」は避けたい。

絶対評価になってからは通信簿に「1」が付くことはよほどの事がない限りなくなりました。

それでも「1」が付けられてしまう事は絶対に避けましょう!

受験校にもよりますが、ほとんどの高校が「1」があると審議の対象になってしまいます。

つまり総合点では合格点に達していても「1」があることによって不合格になってしまうことがあるんです。
(問題児扱いされてしまうんです)

特に中3の成績で「1」をつけられてしまうと私立高校の推薦も受けられなくなる事が多く大変不利になってしまいます。

定期テストの点数が多少悪くても(意図的な0点などは問題ですが)、普通に学校の授業を受けてマジメにやっていれば「1」がつくことはほとんどありません。

「1」は絶対に避けましょう!

自分の内申点が…
プラスマイナスされる?

内申点=成績の合計ってことは、成績をつける中学校(先生)によっての不公平(不平等)が生じてしまうことがあります。

成績は絶対評価で付けられるので、先生が甘かったり厳しかったりで、極端に高い(低い)成績が付けられてしまうことがありますよね。

このように中学校のレベルや先生からの主観による不公平・不平等を避けるために細かい調整が行われます。

千葉県では 評定合計標準値という数値が設けられています。

千葉県評定合計標準値= 95

つまり中学校では、学校内での内申点(成績)の評定合計平均を千葉県が定めた標準値である95に近づけるように成績を付けています。

それでも当然、平均を95ピッタリにすることは難しいので、調整の為の計算式があるんです。

【内申点調整の計算式】

X+a-m

(例1)成績がオール3(合計81)で、自分の中学校の評定合計平均値が90の場合

調査書の合計評定値81+95-90=86

中学校の中では内申点は81点ですが、受験校(高校)に提出されるときは86点で計算されます。

5点増やしてもらいました(♪)

(例2)成績がオール4(合計108)で、自分の中学校の合計評定平均値が102の場合

調査書の合計評定値108+95-102=101

中学校の中では内申点は108点ですが、受験校(高校)に提出されるときは101点で計算されます。

7点減らされてしまいました(泣)


このように中学校の評定合計平均値(mの数値)によって、
内申点がプラスマイナスされるんです。

自分の中学の評定合計平均値が95より高い場合はその分だけ減らされてしまいます。

逆に95より低い場合はその分加算してもらえます。

受験する高校によって内申点の配点が異なります。

千葉県の中学校の内申点は135点満点で付けられ、各中学校の「評定合計平均値」によって多少のプラス・マイナスがあることはお分かりになりましたでしょうか?

でもそれだけじゃないんです。

受験する高校によっては135点満点ではなく、調査書の配点を上げたり2倍で計算されたりする場合もあるんです!
(逆に半分やマイナスで計算される高校もあります)

<平成29年度:前期選抜入試例>

千城台高校:普通科
学力検査500点+調査書300点( 内申点270点他30点)+2日目検査

富里高校:普通科
学力検査500点+調査書291点( 内申点270点他21点)+2日目検査

船橋東高校:普通科
学力検査500点+調査書280点( 内申点270点他10点)+2日目検査

上記の高校では内申点を2倍の270点満点で計算されています。
(他にもあります。)

県立船橋高校:普通科/理数科
学力検査500点+調査書67.5点( 内申点67.5点)+2日目検査

長生高校:普通科
学力検査500点+調査書50.5点( 内申点40.5点他10点)+2日目検査

上記の高校では内申点を半分やそれ以下で計算されています。
(他にもあります。)

※「他」というのは調査書内での他各記録(調査書の内申点(成績)以外)のことで、出欠の記録や特別活動の記録、行動の記録などが挙げられます。
「3年間皆勤だった」「部活で優秀な成績を残した」「生徒会に入っていた」「英検3級取得した」など、内申点(成績)以外の評価も高校によっては大きく評価してもらえますね。

これは高校側の 「欲しい生徒像」によるものです。
内申点の配点を大きく取る高校(内申重視)は、マジメな生徒が欲しい傾向にありますね。

逆に内申点の配点を低くする高校は、本番の入試テスト重視(学力重視)であると言えます。

~内申書まとめ~

 内申書で一番重要なのは”成績”。

 内申点は中学3年間分9教科の成績の合計で135点満点でつけられる。

 中学校によって内申点がプラスマイナスされる。

 高校によって内申点(調査書点)の配点が異なる。

 中学1年生から内申対策が重要。

 ~最後に~ 

最後までご覧いただきありがとうございました。

内申点のつけられ方は都道府県や年度によって大きく変わってきています。

まさし先生

私たちジャニアスは、千葉県のみに特化した ”千葉県専門”の家庭教師グループです。

今なら19年間で 1万人以上の勉強嫌いなお子さんを成績アップ・志望校合格に導いた、ジャニアスの指導法を実感できる体験授業を、無料で行っています!

まさし先生

すでに、塾や他の家庭教師センターをご検討中の方は、私たちジャニアスとぜひ比べてみて下さい!
明らかな違いが実感できます!

もちろん、無理な勧誘は一切ないことをお約束いたします。
勉強や進路のことだけでも、私たちにご相談していただければ嬉しいです♪



13,036人が成績UPを実感!
「勉強が苦手な子ほどハマる勉強法」教えます!

完全無料体験授業

忙しい方はお電話が便利です。お気軽にご相談ください! お忙しい方はお電話が便利です。お気軽にご相談ください!

いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で

メールフォームで申し込む

無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください

いまだけ特典!もれなく全員に1000円分のQUOカードプレゼント

体験授業を受けたら入会しなきゃいけないんじゃないの…?
と思われた方へ

そのご心配、よくわかります。でも、どうか安心してください。
「やる気のきっかけにしたい」「今の塾と比べてみたい」「今すぐは考えてないけど家庭教師がどんなモノかを見てみたい」
ジャニアスの体験授業は、そんなお気軽な気持ちで受けられる方がほとんどです!
だから時体験授業を受けたからといって、無理に入会を進めることは一切ありません。

体験授業について詳しく見る よくある質問にお答えします