授業対策・内申アップ・苦手克服・不登校・発達障害

みさポンの子育てお悩み相談室
HOME悩み特集子育て悩み > 子供が嘘をつく…

子供の嘘に親が取るべき行動とは?
素直さをグングン育てる接し方!

子供が嘘をつくようになってきた…

そんな悩みをお抱えの親御さんに役立つ、子供との接し方をご紹介していきます。

点数下がっちゃった…マズい…

「宿題は終わったと言っていたのに全然終わっていなかった…」

「テストで散々な点数を取ってきたのに100点を取ったとウソを言った…」

子供のこんな一面を見ると、親としては怒りやらショックやらで不安になるものですよね。
でも、もしかしたらお子さんは成長過程に差し掛かっているのかもしれません。

子供の成長に嘘はつきもの?

小学校3~4年生頃に見られるギャングエイジ(成長期のひとつ)や、中学生頃の反抗期など、子供は成長期を迎えると、親から一歩離れて“自立”へと向かうようになります。

この自立に向かって成長する過程で、親に反発するようになったり距離を置いたり…。
さらに親に対して秘密を作ったり、ウソをつくようになったりするのも成長期のお子さんにみられる傾向なのです。

親御さんにとっては“子供の嘘”に直面すると、戸惑ったりイライラしたりすることもあるかもしれませんが、子供にとって“嘘をついてしまうこと”は、成長して大人に一歩近づくために大切な過程の一部であることだと捉えてあげることが必要です。

みさポン

このページは、お悩みスッキリ隊「みさポン」が、
子供のつく「嘘」について、その理由や接し方などをご紹介させていただきます。

こんなページも見られています!
>>子供の反抗期に上手く向き合う方法とは?



~子供の素直さを育てるために~
「嘘をつく理由」を知ることが第一歩

子供はなぜ嘘をつくのか…?
まずはその理由を知っていただくことが子供の素直さを育てる第一歩です。

ここからは子供がウソをついてしまう理由と、ウソをついてしまった子供への接し方をご紹介していきます。

~子供がウソをつく理由~
怒られたくないから…

怒っているお母さん

何かに失敗した時や、マズイことをしてしまった時に、厳しく叱られた経験がある子供は、「正直に話すと怒られる」と感じてしまっていることが多いようです。

例えば、お子さんは「スマホを約束の時間外に使ったことは悪いことだ」と頭では分かっていても、お母さんに怒られたくないから「使っていない」というウソをついてしまうのです。

こんな時、「イライラしちゃってつい厳しく注意してしまう…」というお気持ちも分かりますが、ここで頭ごなしに叱ってしまうと「本当のことを言うと怒られる」と学習してしまい、自己防衛のために、ますますその場しのぎの嘘をつくようになってしまうのです。

~子供への接し方~
本当のことを言える雰囲気作りを

普段から子供がウソをつく必要がないように、お子さんが本当のことを言える雰囲気を作ってあげることが大切です。

お母さんと娘

そのためには、子供の失敗に対して頭ごなしに怒るのではなく、少し余裕をもって冷静に「次はこうしてみようね」と優しく伝えてあげてください。

子供の嘘が発覚したときも、怒りをぶつけるのではなく「ウソをつかれてお母さんは悲しかったよ」と素直に伝えてみたり、「次にこういうことがあったらどうしたら良いと思う?」とお子さん自身の気持ちを聞いてみるのも良いでしょう。

お子さんはきちんと話し合いが出来たという経験から、「あれ?本当のことを言っても怒られないかも…」と感じることができて、次からウソをつく必要がなくなるのです。

~子供がウソをつく理由~
自立心からついてしまうウソ

成長期の子供の特徴として「自分で何とかしたい」「自分で出来ないのは格好悪い」と考えている傾向があります。

こんな思いから、子供が自分の力だけでは出来なくなったり、失敗してしまいそうなことは、親の目から隠したり嘘でごまかしたりするのです。

「宿題はやったの?」と聞かれたときに、とっさに「もうやった!」とウソをつくのもこのパターンに当てはまるのかもしれません。

子供のウソが分かったときに、一番やってはいけないことは、お子さん自身を否定することです。

落ち込んでいる子供

「あなたはいつも嘘ばかり!」
「本当にあなたは嘘つきね!」

このような子供の人格を否定するような叱り方は絶対にNGです。
子供の自尊心が傷つけられ、自分を守るためにさらに嘘をつかざるを得なくなります。

~子供への接し方~
困った時はいつでも力になるよ!

もしかしたらお子さんは「自分で何とかしよう」という気持ちから、「うまく出来ない」「手伝ってほしい」という言葉が言えないのかもしれません。

笑っているお母さん

こんな時に親が出来る手助けの方法は、自立の一歩を見守りながら、「困った時はいつでも力になるよ」ということを普段から伝えておくことです。

このような言葉をかけることで、「自分はちゃんと見守ってくれている」「時には人に頼ってもいいんだ」と思えるようになるので、「自分だけで何とかしたい」と言う気持ちから出てしまうとっさの嘘をつく必要が無くなり、素直に本当のことを言ってくれるようになるのです。



~子供の素直さを育てるために~
「これ以上の嘘」をつかせない為に

子供の嘘には、見逃しても良い嘘とそうではない嘘があります。
見逃しても良い嘘というのは、例えば、相手を傷つけないためにつく嘘や、幼い子どもが現実と空想の区別がつかなくてついてしまう嘘などです。

これらの嘘については、全てと言うわけではありませんが、ほとんどが見逃しても良い嘘です。

問題なのは“ついてはいけない嘘”
子供が悪いことをしたとき、失敗をごまかそうとしたときに自己防衛のためについてしまう嘘や、人をだまそうとする嘘は見逃してはいけません。

とは言っても、感情的に頭ごなしに叱ったり、嘘つき呼ばわりしたりしてはいけません。
また、強制的に謝らせようとすることもNGです。

このような対応はさらなる嘘を重ねてしまうことにも繋がってしまうからです。

子供は嘘をつくのが当たり前。
大切な事は、嘘に対して叱ったり謝らせたりすることではなく、これ以上の嘘をつかせないように子供の素直さを育てることです。

みさポン 子供はなぜ嘘をつくのか?
その嘘は注意すべき嘘なのか?

みさポン

まずは親御さんが「子供の嘘」についてしっかりと認識し、嘘が発覚した時には、怒るよりも嘘の理由を理解してあげることが、子供の素直さを育てる第一歩です。

このページでは、子供が嘘をつくようになってしまった時の接し方について紹介させていただきました。ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。



最後になりましたが…

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ジャニアス代表 神田

ご挨拶が遅れて申し訳ありません。家庭教師のジャニアス代表の神田真吾と申します。

私たちは千葉県で活動している家庭教師のグループで、今まで21年間、たくさんのご家庭の方からお子さんに関する悩みをお聞きしてきました。

「子供がつく嘘」については、いくら成長過程とは言え、大きなショックを受けられる親御さんもたくさんいらっしゃいました。

親だとついイライラをぶつけてしまう…
冷静になれずに感情的になってしまう…

理屈では分かっていても、なかなか上手く伝えることができないのが親子ですよね。

そんな時は、私たちのような「家庭教師」を試してみてはいかがですか?

親の言うことは聞かなくても、他人のお兄さん・お姉さんの存在は絶大です!

このページをお読みいただけたのも何かのご縁。今なら勉強に対して自信を失ってしまった小学生・中学生を対象に、無料の体験授業をやっています!

>>無料の体験授業ってどんなことをするの?

実際に家庭教師を「やる・やらない」は全く別で構いませんので、お子さんのやる気アップ・成績アップのきっかけにお試しいただければとても嬉しいです!






もう勉強で悩みたくない!!という方こそお試しください!千葉県で13,892人が効果を実感!!

勉強がニガテな子でもカンタン!ラクラク続けられる!!と大好評♪無料の体験授業やっています!!

お申し込みはとってもカンタン!今すぐお電話または専用フォームから

お忙しい方はお電話が便利です。体験のお申込みだけではなく、勉強や進路の相談も無料でできます! 忙しい方はお電話が便利です。体験のお申込みだけではなく、勉強や進路の相談も無料でできます!

いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で
いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で

担当の神田(かんだ)まで、
お気軽にお電話ください

メールフォームで申し込む

いまだけ特典!もれなく全員に1000円分のQUOカードプレゼント

もし、他の塾や家庭教師と迷われたら…

私たちジャニアスは、どんなに効果がある勉強法でもお子さんに合わない・
続けることができなければ「意味がない」と考えています。

塾や家庭教師選びにご苦労されているご家庭も多いと思いますが、ジャニアスの体験授業は、「やる気のきっかけにしたい」「今の塾と比べてみたい」「今すぐは考えてないけど家庭教師がどんなモノかを見てみたい」などのような、気軽な気持ちで受けていただけたらと思います。

もちろん、体験を受けたからといって、無理に入会を勧めるようなことは一切ありませんので、安心してくださいね(^^)

無料の体験授業について詳しく見る よくある質問にお答えします!