授業対策・内申アップ・苦手克服・不登校・発達障害

みさポンの勉強お役立ち情報局
HOMEお悩みお役立ち > 空間認知能力

空間認知能力のトレーニング方法
理数科目が苦手な子にオススメ!

「うちの子、理数系の科目が苦手で…」
「天体の授業でつまづいているみたい」
「中学数学の準備をサポートしたい!」

このようなお悩みやご要望をお持ちの小学生の親御さんはいらっしゃいませんか?

もしかしたら、お子さんの「空間認知能力」を鍛えることが解決方法のひとつになるかもしれません。


空間認知能力ってなに…?
勉強からスポーツにも役立つ!

「空間認知能力」とは?
  • 紙に書かれた図形を見て立体としてイメージする力
  • イメージした立体を頭の中で移動・回転させる力
  • ものどうしの位置関係をすばやく読み取る力

・・・など。

近年では、算数や理科ギライな子供が増加中と言われています。

その一方で、空間認知能力が発達しているお子さんは理系の科目にニガテ意識を持っていないことが多いようです!

たとえば理科では平らに見える天体を球体でイメージして位置関係を理解したうえで、頭の中で動かすことができるので月の満ち欠けを読み取るのに役立てたり、図形を立体としてイメージすることで中学数学の「断面図」の問題を解くのに活かしたりすることができます。

このように、空間認知能力と理数系のスキルには深い結びつきがあるのです。

また、空間認知能力は理数系の勉強以外にも、

  • 図工で遠近法を使いこなし立体的な絵を描くことができる
  • ボールとの位置関係を読みながら動けるのでサッカーのヘディングやバスケのシュートなど球技のスキルが上達する

など、さまざまなシーンで役立てることができます!

この「空間認知能力」を鍛えるためには教科書を使った勉強よりも日常の中で立体図形に触れたり空間をイメージする習慣をつけたりすることがより効果的だと言われています!

ご家庭で早いうちからお子さんの空間認知能力を伸ばす一工夫をして、さまざまな分野での活躍をサポートされてみませんか?


みさポン

このページでは、お役立ち情報局「みさポン」が、親子で簡単・楽しく実践できる、 「空間認知能力のトレーニング方法」をご紹介させていただきます。

こんなページも見られています!
>>算数がの苦手な子にオススメ!算数脳を育てる方法



イメージしてトレーニング
空間言語であらわしてみよう!

ある調査によると、形や空間をあらわす言葉をたくさん使っている家庭で育った子供は空間認知能力を測るテストで高い点数を取ることができたそうです。

そこで、まずはじめのステップとして、日頃からお子さんとコミュニケーションを取るときに、空間や形をあらわす言葉=「空間言語」を意識的に取り入れてみてはいかがでしょうか?

たとえば、お子さんに掃除道具を取ってもらうときに「そこにある、あれを取ってきて!」というよりも、

「大きい引き出しの2番目にある柄が細長くて先が丸いブラシを取ってきて!」
というように、空間と形を具体的に指示してみてください。

「丸い 大きい まっすぐ 広い 高い」というように、形やサイズ、空間の特徴を入れることがポイントです。

慣れてきたら、応用編として今度はお子さんに「空間言語」を使うチャレンジをしてもらいます。

お子さんが「あれを取って!」という場面で「どれくらいの大きさ?」「どんな形?」「どのへんに置いてある?」というように、空間言語を使うように誘導してみてください♪

このように空間や物を言葉で説明しようとするときに、大きさや形などを頭の中でイメージする力が鍛えられますので、繰り返すことで空間認知能力が磨かれてきます!

実際、空間や形を言葉で表現するのが得意な子供は成長につれて空間認知能力が豊かに発達するということが判明しているそうですよ!

毎日使っているものを言葉で説明するなど、ぜひ身近なものから取り入れてみてください♪



お手伝いでトレーニング
野菜を切って学ぼう!

この方法は中学数学の準備として「断面図」の問題を読み解く視点を育てる効果が期待できます。

日常から物の「形」や「向き」に意識を向けるように声がけをすることがポイント。
そこでオススメなのが「料理のお手伝い」です!

たとえば、
「このキュウリをいつもと違う角度に切ったらどんな形になるかな?」
「このニンジンを3回切って分度器と同じかたちにしてみよう!」

というように野菜を切ってみる体験を通して立体の「断面図」を感覚的に学ぶことができます。

野菜を切ると…

「どうやって切ったらこんな形になるんだろう?」と頭の中でイメージしたり「こっちから切るとこんな形になるんだ!」というように、実際の体験から学ぶことで、教科書で「断面図」を学習するよりも記憶に残りやすいというメリットもあります!

慣れてきたら「大根をサイコロの形に切れるかな?」というように少しずつ難易度をあげるのも効果的です!ぜひ、なぞなぞ感覚で楽しみながら実践してみてください♪



地図を使ってトレーニング
平面と立体を見比べてみよう!

この方法は「天体の勉強につまずいている」というお子さんにオススメ。日常的にできるトレーニングとして地図を持って近所を散策するという方法があります。

地図と普段見なれている建物を照らし合わせることで、平面の図から立体の大きさや形を把握する視点が育ちます。

また、地図を眺めながら、
「家に帰るには、どっちの道が近いかな?」
「今度は向こうの位置から小学校を見てみよう!」

というように声をかけることでお子さんの「空間的思考」が刺激され、

地図を読み取る

・平面図からモノ同士の位置関係を読み解く

・イメージのなかで立体を回転させる

などの力が徐々に身についていきます。

地図を読み取る

また、地図を読むことに慣れてきたら応用編として自分で地図を描くのも空間認知能力を鍛える方法の1つです。

自分で地図を作るとき、色々な角度から見た立体物を平らな紙に描くことで、平面の図を見たときにすばやく立体としてイメージする感覚が養われます。

この方法は、地図から地形を読み取る練習にもなるので社会科の学習にも役立てることができ、一石二鳥ですよ!

ぜひ、地図を持って探検ごっこをしながら散策されてみてはいかがでしょうか?




最後になりましたが…

いかがでしたでしょうか?

みさポン

最近、教育やスポーツの分野でも注目を浴びはじめている「空間認知能力」は、小学生の将来なりたい職業ランキングで上位のスポーツ選手や建築家、ゲームクリエーターなどにも欠かせない能力だと言われています。。

早いうちから生活の中に“ひと工夫”を加えてトレーニングすることで、将来の選択肢を広げるのにも役立てることができます!

一般的に空間認知能力は8歳までに大きく伸びると言われています。

親御さんが一緒に不思議がったり、楽しんだりする姿勢でいるとお子さんの空間認知能力アップに繋がりやすいそうですよ♪

ぜひご家族で楽しみながら、空間認知能力を鍛えてお子さんの成長をサポートされてみてはいかがでしょうか?

今回は「空間認知能力のトレーニング方法」についてご紹介させていただきました。ぜひ、お役に立てていただけると嬉しいです!



「この先、勉強で悩みたくない!!」という方こそお試しください!千葉県で13,892人が効果を実感!!

勉強がニガテな子でもカンタン!ラクラク続けられる!!と大好評♪無料の体験授業やっています!!

お申し込みはとってもカンタン!今すぐお電話または専用フォームから

お忙しい方はお電話が便利です。体験のお申込みだけではなく、勉強や進路の相談も無料でできます! 忙しい方はお電話が便利です。体験のお申込みだけではなく、勉強や進路の相談も無料でできます!

いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で
いますぐ申し込みたい方は電話0120-107-097で

担当の神田(かんだ)まで、
お気軽にお電話ください

お好きな時間に申し込みたい方はコチラ!!24時間いつでもお申込みいただけます 体験授業お申込み専用フォーム

いまだけ特典!もれなく全員に1000円分のQUOカードプレゼント

もし、他の塾や家庭教師と迷われたら…まずは私たちにご相談ください。お子さんに本当に必要な勉強法を見つけます!!

私たちジャニアスは、どんなに効果がある勉強法でもお子さんに合わない・
続けることができなければ「意味がない」と考えています。

塾や家庭教師選びにご苦労されているご家庭も多いと思いますが、ジャニアスの体験授業は、「やる気のきっかけにしたい」「今の塾と比べてみたい」「今すぐは考えてないけど家庭教師がどんなモノかを見てみたい」などのような、気軽な気持ちで受けていただけたらと思います。

もちろん、体験を受けたからといって、無理に入会を勧めるようなことは一切ありませんので、安心してくださいね(^^)

無料の体験授業について詳しく見る よくある質問にお答えします!