地域連携アクティブスクール設置校に「行徳高校」「市原高校」が追加されます。

高校 不登校

こんにちは。

ジャニアススタッフの田辺です。

タイトルにもある通り、令和6年度から地域連携アクティブスクールに、

「県立行徳高校」

「県立市原高校」

の2校が新たに追加されることが発表されました。

現在中3生が高校へ入学する年度からスタートされるということですね。

これまで、千葉県には以下の4校の地域連携アクティブスクール設置校がありました。

  • 県立船橋古和釜高校(船橋市)
  • 県立流山北高校(流山市)
  • 県立泉高校(千葉市若葉区)
  • 県立天羽高校(富津市)

ここへ新たに2校が追加されるため、これで地域連携アクティブスクール設置校が全部で6校になったということですね。

もし、現在中学校の勉強に不安があるお子さんや、不登校で中学範囲に自信のないお子さんなどは、お近くの地域連携アクティブスクール設置校を受験してみるのも一つの手かと思います。

なお、地域連携アクティブスクールについての詳細は、こちらのページで詳しく解説しています。

不登校の中学生でも受け入れやすい千葉県の高校紹介|家庭教師ジャニアス
「うちの子、このままで行ける高校はあるのかしら…」そのような不安をお持ちのご家庭にも安心して進路をお考えいただくために。千葉県の高校情報に特化した家庭教師のジャニアスが、千葉県内で不登校の生徒さんのサポートに手厚い高校情報を集めてご紹介します!

また、地域連携アクティブスクールの学校検査の内容については、こちらをご覧ください。

https://www.pref.chiba.lg.jp/kyouiku/shidou/nyuushi/koukou/r6/documents/r6kensanaiyou.pdf

不登校のお子さん向け 家庭教師のジャニアスの指導サポート